創業融資を受けるメリットとして、会社の創業期だからこそ
受けやすいということがあります。
融資を受けたいと思っても、銀行からはそう簡単に融資を
受けることはできません。

どうしても何らかの担保であったり、売上であったり、
信用力というものが必要になります。

最初の1期が終わってしまうと、財務諸表にて
会社の業績が明らかになります。その結果、良い結果を
出せていれば、更なる融資というのもあるかもしれませんが
もしよくなかった場合、その時点の融資というのは
現実的には難しいものがあります。

そして最初の1期がいきなり良い業績となるのも
難しく最初は赤字か、小さい黒字程度で、だんだんと
そこから伸びていくようなケースが多いでしょう。

創業前であれば、まだ何もやっていないというところで
銀行からは借りにくいというところがありますが、
日本政策金融公庫のような最初から創業時を対象として
融資を行うという制度が出きています。

実績ではなく、事業計画で判断をして融資をしてもらえる、
このようなチャンスはこの創業期にしか得られないもので
あり、利用できるのであれば最大限利用するのが
良いのではないでしょうか。

どのような会社にして、どのような計画を作って
提出すればいいのか、是非私達にご相談いただければと
思います。

image10

soudan_s

soudan_r

phone-banner_gs