今回会社設立をご希望のお客様より株式会社と合同会社の違いについてご質問がありました。どちらの会社形式を選択したほうが良いのでしょうか?といった内容でした。
起業して法人で事業をやりたい!という方には、株式会社と合同会社の違いについてよくご質問を頂きます。

会社の種類については、対外的な印象や税務的な内容、相続対策や社員構成などお客様のご事情により適した会社は異なります。
ここでメリット・デメリットとは別に概念として株式会社と合同会社の大きな違いを見てみましょう。

①株式会社と合同会社の一番大きな違いとなるのが、やはり「所有と経営の分離」です。
株式会社と合同会社は、出資者全員の有限責任とすることは共通してはいますが、株式会社は広く出資者を募り株式を割り当てることにより会社の規模を拡大することができます。その際、出資者となる株主が会社の所有者となり、代表取締役社長が会社を経営し、会社の所有と経営は必ず分離されます。

では、合同会社はどうでしょうか?
合同会社の出資者は必ず社員となるため、原則として出資者は全員業務執行を行います。よって会社の所有と経営は一致します。
(定款で業務執行社員を定めることはできますが、株式会社のように出資はしたけれど社員にならないということはできません。)

この違いに着目して会社の種類を選択するお客様も少なくありません。
またそこから派生するメリット・デメリットも注目すべき点ではあります。

②株式会社と合同会社は損益の分配にも大きな違いがあります。
株式会社の場合は経営者が利益をだして出資してくれた株主様に配当していく義務があります。その際の分配の割合は出資額、株式数に対応して分配されます。
一方、合同会社の場合は社員全員の一致により利益の分配方法など重要な事項を決定したり変更したりすることが出来ます。
この事は、株式会社と違い利益の配当は出資の割合に必ず対応するわけではないということです。
会社の経営に貢献した社員に多くの利益を分配するなどの取り決めをすることができます。

その他、必要設置機関や設立・運営費用、対外的な印象や会社意思決定の流れなどの違いを見ながらメリット・デメリットを考察していきたいと思います。

株式会社のメリット
・対外的に信頼度が高く出資を募りやすい
・株式会社では一定の期間の設置が義務付けられているため監視能力が高い
・株主は出資の範囲内で責任を負う
・取締役一人での設立が可能
・一円から会社が設立できる
・広く出資を募ることができ会社の規模を大きくできる

株式会社のデメリット
・会社設立の費用が合同会社より高い 登録免許税15万円定款認証代5万円等
・役員変更の登記などが必要となり経費がかかる
・年1回の決算公告が必要

合同会社のメリット
・意思決定が社員全員の一致なので迅速(株式会社は基本株主総会を開催する)
・社員は出資の範囲内で責任を負う
・社員一人でも設立可能
・会社設立の費用が株式会社より安い 登録免許税6万円定款認証代不要
・決算公告が不要

合同会社のデメリット
・社会的認知度が低い
・株式と違い株式公開が出来ないため広く出資を募ることができない
・社員の意見一致により自由に意思決定できる反面内部の揉め事が起きた際に業務に影響を及ぼす

以上、株式会社と合同会社の基本的な性格の違い及びメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

ウィズアスへ会社の設立をご依頼いただく方は、コスト的部分で合同会社を選ばれたり、取引先がこちらの組織形態等(株式会社かそうでないか、資本金額がいくらか)などを気にされないという場合に合同会社を選ばれるようです。

会社組織を大きくしていきたい!という場合には、株式会社、そうでない場合で、合同会社のメリットを享受できる場合は合同会社、が良いと思いますね。

ご自身が会社を設立するにあたり、上記内容をご参考にして頂ければ幸いです。