こんにちは!創業融資・補助金・会社設立サポート担当の前田です!

 

ご自身で創業融資を受けようと金融機関に申請してみたが、だめだったとんことで、私どもウィズアスにご相談をいただくケースもあります。

今回のご相談では、申請書に記載した事業内容と、会社謄本の事業目的が異なるのでだめ、ということでした。

 

創業融資申し込み時に事業目的で引っかかるケース、よくあります。補助金申請などでも同様かもしれません。

資金使途が事業目的と異なる場合や、行う予定がない金融関係の事業目的が入っている場合など・・・

指摘を受けることがあります。

その場合には、定款の目的を修正し、あらためて登記をしなければなりません。

 

創業融資を受けることを予定している場合、会社設立のタイミングから定款の目的に気を付けておきましょうね。

 

創業融資のご相談は、ウィズアス行政書士法人へ!

image10

soudan_s

soudan_r

phone-banner_gs