行政書士社労士の前田です。

はい、不動産業で起業をされるということで、株式会社や合同会社の設立から不動産業の免許(=宅建業免許、以下「宅建業免許」と言います)の申請まで、合わせてのサポートをご依頼いただくことが良くあります。

数年前の商法(会社法)改正で、今や資本金1円から会社を設立することができるようになり、資本金数万円から数十万円での設立も珍しくありません。

不動産業で会社を設立して、起業する場合、資本金はいくらでもよいでしょうか?

答えはNOです。なぜでしょうか?

不動産業で起業する場合、宅建業の免許を取得する必要があります。

この宅建業の免許を取得できる要件として、ざっくりと、次のようなお金に関するものがあります。
宅建業免許を取得する場合、次のいずれかを満たさなければなりません。

・1,000万円の供託をする
・保証協会に加入し、保証金を支払う

のいずれかを選択しなければなりません。

大半が後者の保証協会を選択されます。
この保証協会の保証金が60万円ほどで、入会金等々の費用を合計すると、百数十万円くらいになります。

なので、最低でも、通常は、この百数十万円を支払えるような資本金がなければなりません。

資本金1円以上であれば、会社を設立できるようになりましたが、不動産業で起業する場合、1円では事実上できませんね。

ですので、私たちは、不動産業で起業し、会社を設立される方には、資本金をある程度ご用意いただくようにアドバイスさせていただいております。

ちなみに、私たち自身もウィズアスホーム株式会社という不動産会社を営んでいますが、設立時の資本金は250万円とし、全日本宅地建物取引業協会に加入しました。

保証協会に加入する場合、運転資金とは別に200万円程度をご用意いただければ、よいかと思います。

とすると、おのずと、ご自宅の一室で起業する場合と別に事務所を借りて起業する場合と資本金額が変わってきますね。

このように、会社を設立するには資本金は1円からでOKとなりましたが、事業内容によって、許認可が必要となり、資本金額などの要件があるものがあるので、注意が必要となります。

不動産業のほかに、資本金額等の要件があるものは、建設業許可、職業紹介事業許可、一般労働者派遣事業許可、などがあります。

起業でご不安は方は、専門家までご相談くださいませ!